茶の道日記 和敬清寂

茶の道日記 和敬清寂 茶の道を通じ、感じたことを日々綴ります。

灌仏会

灌仏会2019.4.8(月)



今日はお釈迦様の誕生日です。
各寺院で、花まつりや灌仏会が行われます。

釈迦は紀元前7世紀-紀元前5世紀頃、シャーキャ族王・シュッドーダナ(漢訳名:浄飯王 じょうぼんのう)の男子として、現在のネパールのルンビニにあたる場所で誕生しました。キリストよりもはるかに早くお生まれになっています。

灌仏会(かんぶつえ)は、釈迦の誕生を祝う仏教行事です。日本では原則として毎年4月8日に行われます。。
降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)、花祭(はなまつり)の別名もあります。

日本では、様々な草花で飾った花御堂(はなみどう)を作って、その中に灌仏桶を置き、甘茶を満たします。誕生仏の像をその中央に安置し、柄杓で像に甘茶をかけてお祝いします。甘茶をかけるのは、釈迦の誕生時、産湯を使わせるために9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来しています。宗派に関係なくどの寺院でも行われ、甘茶は参拝者にもふるまわれ、甘茶で習字をすれば上達すると言われたり、害虫よけのまじないを作ったりします。
釈迦と言えば、生まれてすぐに七歩歩いて「天上天下唯我独尊( てんじょうてんげゆいがどくそん) 」と言われたと伝えられています。この言葉の意味するところは、唯だ“私だけが尊い”という意味をあらわしているのではありません。
「唯我独尊」とは、「唯だ、我、独(ひとり)として尊し」との意味で、それは、自分に何かを付け加えて尊しとするのではなく、他と比べて自分のほうが尊いということでもありません。天上天下にただ一人の、誰とも代わることのできない人間なのです。

花まつりで、誕生仏にかける甘茶とは、ユキノシタ科の落葉低木落葉性の低木アジサイの変種です。
アジサイ科のガクアジサイと酷似しており、間違われる事が多い。
歴史は意外と新しく、江戸時代あたりから民間薬として利用されるようになったそうです。
ヤマアジサイの仲間である「アマチャ」が花をつけるのは5~6月です。一方、甘茶に用いられるのは8~9月の若い葉です。摘み取った葉を天日で干し、水を吹きかけて発酵させた後、手でよく揉んで乾燥させると茶葉が完成します。

その加工には“グルコフィロウルシン”という苦い成分を、甘みの強い“フィロズルチン”に変化させる作用があるそうです。砂糖の1,000倍もの甘さになることから、砂糖が普及する以前は天然の甘味料として重宝されていました。

【甘茶の庭】
建仁寺塔頭 霊源院には、この甘茶の庭があり、5月から6月の花の時期に公開されています。
今年は5月18日(土)~6月16日(日)に予定されています。
花まつりでいただいた甘茶の花を眺めに行かれてはいかがでしょうか?

 

 花まつりの白い象


西本願寺には花まつりの時、白い象の置物が飾られています。寺院によっては、花祭りのお釈迦様の像が白い象の背中に乗っていたり、かたわらに白い象の置物があったりと、真っ白な象がよく登場します。

これは『方向大荘厳』によると、お釈迦様の生母の摩耶夫人が、6本の牙を持つ白い象が夫人の胎内に入る夢を見て、お釈迦様を懐妊したことを知った、という故事に基いています。

つまり、白い象がお釈迦様を運んできた、と信じられているからなのです。
仏教が発祥したインドでは、白い象は「聖獣」、とても神聖な生き物。方向大荘厳によると、お釈迦様の前世は天界で暮らしていた菩薩様なんだそうです。
菩薩様は、ある時自分の使命を思い出して、後のことは弥勒(みろく)に託し、白い象に乗って摩耶夫人の胎内に入って人間として生まれ変わった、ということになっています。

お花見のまえに

お花見のまえに2019.3.30(土)


友達とお花見、と言いながら目的は愉快な仲間と楽しいひと時

 

 外は花冷え。。。。。。
まだまだ寒いですね

 

 

 

 もう少しお鍋が恋しいね

 

 

<<最初へ <前へ
 1  2  3  4  5  6  7