茶の道日記 和敬清寂

茶の道日記 和敬清寂 茶の道を通じ、感じたことを日々綴ります。

八十八夜

八十八夜皐月、5月を迎えました。
今年令和2年は1日が八十八夜でした。

「夏も近づく八十八夜」
立春から数えて八十八日目を八十八夜といいます。
「八」という字は末広で縁起のいい字でそれが重なる「八十八」は更に縁起が良い。
八十八才の年祝いは米寿といいます。
「米」という字を分解すると「八十八」となりますので、その字を当てて祝い喜ぶ。
「米」という字は、米を作るのに八十八の過程があることから「米」の字を書くそうです。その過程のなかで八十八夜が目安となるのが籾蒔きです。開墾して最初の過程ともいえる籾蒔きに、末広の八が重なる日が目安となると更に縁起も担げ、豊作への願いを込められたる。

古く、中国から伝わった五節句・二十四節気・七十二候といった行事と違って、八十八夜は日本独自の農耕民族であるからこそ産まれた行事と言えます。

四季に恵まれた日本に生まれた事の幸せをより深く感じます。

お朔日詣りをさせて頂きました

お朔日詣りをさせて頂きました2020.5.1(金)


氏神様であります琴崎八幡宮へ
1日もはやく穏やかな毎日が戻ります様お祈りして参りました

 

 早朝にスタート、自宅からジョグ、走って行っております♬

 

 琴崎様で珍しいお花を見つけました♥

 

 黒いカラーですね♬
一目ぼれ(⋈◍>◡<◍)。✧♡♬

どうしてもほしくて、家に戻ってまた車で買いに行きました(^^♪

 

 美里庵のお菓子久しぶりに頂きました
懐かしいお味です✨

1日も早く稽古が再開出来ます様祈るばかりでございます

お家で過ごそう

お家で過ごそう#お家で過ごそう
#おうち時間
#おうちじかん
#コロナたいさく
#コロナに負けない
#コロナウイルスが早く終息しますように
#ころなういるすにきをつけろ

 1  2  3  4  5  6  7