教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

 

 桐が花を咲かせる頃。
盛夏を迎える頃には、卵形の実を結びます。
桐は伝統的に神聖な木とされ豊臣秀吉などの天下人が好んだ花であり現在も日本国政府の紋章として使用されています。


梅雨明けまで後少し

暑い暑い夏がやって来ます

大雨にもどうぞご注意くださいませ

土用の丑の日 

土用の丑の日 【雑節】
今年は7月21日と8月2日

土用の丑の日
7月19日月日は土用の入り。
今年の土用の丑の日は
7月21日(火)と8月3日(日)の2回。
土用は夏だけでなく、1年に4回あります。春分、立夏、秋分、立冬のそれぞれの前の約18日間が土用で、季節の変わり目にあたります。
「土用の丑の日」は、それぞれの季節の変わり目の「土用」の期間中の丑の日を指します。
「土用の丑の日」と言えば鰻ですね。
この日にうなぎを食べる習慣については諸説ありますが、平賀源内がなかなか売れないうなぎ屋さんに相談され、「『本日丑の日』という張り紙を店に貼る」という案を出したのが始まりだというのが有力なようです。

 

 「丑の日だから、同じ『う』」で始まるうなぎを食べると夏を元気に乗り越えられる」という理論です。
土用に食べるもの「う」のつく食べもの
冬至に「ん」がつく食べものを食べると風邪をひかないと言われますが、昔から土用丑の日は「う」がつくものを食べると病気にならないと言われていたそうです。
きゅうり、スイカ、かぼちゃ、ニガウリなどの瓜や梅干し、うどんなどを言うそうです。夏の土用といえば一年のうちでも一番暑い季節です。
これらの「う」のつく食べものはいずれも食欲のない季節に食べやすいものです。
季節の旬など「土用」がつく食べもの
土用餅、土用しじみ、土用卵。いずれも「土用」のつくこれらの食べものも土用期間に食べるとよいと言われています。

土用餅
「土用餅」というのは、夏の土用に食べるあんころ餅のことで、関西や北陸地方 (京都、金沢、滋賀、福井など) で食べられるそうです。
昔、宮中の公家の間で、ガガイモの葉を煮出した汁で練ったお餅をみそ汁に入れ、土用入りの日に食べると暑気あたりしないとされていました。
それが江戸時代の中期になると、お餅を小豆あんで包んだものを土用の入りに食べるようになり、これが土用餅となったのです。
小豆は厄除けによいと言われています。また、餅は「力持ち」に通じ、土用餅を食べることで暑気や厄を払い、元気に過ごせると言われています。

土用しじみ
江戸時代のころから「土用の入りにはしじみを食べる」というのが庶民の間で定着していました。
しじみは、産卵を控えていて旨味も栄養もたっぷりの夏が旬。酷暑を乗り切るために栄養価が高く、整腸作用のあるしじみを食べるというのは実に理にかなったことですね。

土用卵
「土用卵」というのは、土用の時期に産み落とされた卵のことです。
季節の変わり目で体調を崩しやすい時季だからこそ、滋養のある卵を食べて体力をつけるための知恵なのでしょう。
しっかり栄養を摂って元気に夏を過ごし昔の人の知恵というのは、すごいなあとその端々に触れて感じます。
ただの迷信と思わず暑い季節、私たちも昔の人の知恵に倣って良質で栄養のあるものを食べて元気に夏を乗り越えましょう。

鷹乃学習/ 七十二候

鷹乃学習/ 七十二候「たかすなわちわざをならう」 7月17日~21日

5~6月に孵化したヒナが巣立ちの準備をする頃。
独り立ちが出来る様、飛び方を覚え獲物の獲り方覚え「独り」という事を一から学びます

行事

行事祇園祭

日本の三大祭のひとつ
「京都に暮らす人は祇園祭が来る頃になるといよいよ夏本番を実感するというほどの夏の風物詩
祇園祭といえば山鉾巡行や辻回しなどがよく知られています

祇園祭の歴史と由来
京都で毎年7月に行われる祇園・八坂神社の祭礼
その由来は平安時代まで遡ります。
平安時代前期・869年、京都では各地で疫病が流行していました。そこで人々は神泉苑に、スサノヲノミコトなど祇園の神様を迎えた神輿3基と66本の矛を立てて御霊会(※)を行い神に疫病を鎮めてもらおうとしたのが始まりとされています。
(※災厄や祟りを防ぐための鎮魂儀礼。当時は天変地異や災いは不慮の死を遂げた人の魂による祟りと考えられていまようです)
室町時代になると四条室町を中心に町衆と呼ばれる豊かな商工業者が自治組織(両側町)をつくるようになり町ごとに山鉾を作って街中を巡行する現在のような形になっていったそうです

今年は新型コロナウイルスの為、中止となりました
寂しいですね!

今週の稽古

今週の稽古2020.7.16(木)

 

 

 1  2  3  4  5  6  7