教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

今週の稽古

今週の稽古2020.7.11(土)

密に気を付けての稽古

 

 

 

 銘 氷室
いのくま製

 

 茶通箱

 

 蓋の扱いは水指の蓋の替わりに木の葉を蓋とします。
この扱いは十一世家元玄々斎の創案によるものです。
ある年の七夕の趣向の茶会に、自分好みの末廣籠の花入の受け筒に、梶の葉を蓋にして水指に使用したのが始まりです。
葉蓋の扱いは薄茶だけのものです。
葉蓋として使用する葉は、梶、桐、蓮はす、蕗ふきなどの葉がよく、毒があったり悪臭や汁気の出る葉は用いません。
葉をよく洗い、必ず葉表を濡らして水指にのせます。

 

 銘 サマーバレンタイン
いのくま製
素敵な銘です✨

 

 

 3  4  5  6  7  8  9