教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

今週の稽古

今週の稽古2020.7.2(木)

一雨潤千山
いちうせんざんをうるおす

「 数多の山を潤すのも一滴の雨粒から。
お釈迦様の教えが別け隔てなく、慈雨のように広く世に浸透してゆくことを讃えた仏道のことばです 」


ねじ花が咲きました♬

 

 和巾の稽古

 

 青梅 三里庵製


本物みたいにリアルですね(*^^)v

 

 葉蓋

扱いは水指の蓋の替わりに木の葉を蓋に見立てます。
十一世家元玄々斎の創案によるものです。
ある年の七夕の趣向の茶会に、自分好みの末廣籠の花入の受け筒に、梶の葉を蓋にして水指に使用したのが始まりになっています。
末廣籠の受け筒は、黒塗りの桧の曲に切箔を散らしたものです。
陶磁器の水指でもさしつかえありません。
葉蓋の扱いは薄茶だけのものです。
葉蓋として使用する葉は、梶、桐など。
葉をよく洗い、必ず葉表を濡らして水指にのせます。

 

 貴人点の稽古

 

 梶の葉は、「天の川へ渡る船の楫(かじ)となって願いが叶えられる」と信じられていて、平安貴族たちは梶の葉の裏に願いごとを書いて川に流していたそうです。
七夕の夜に願い(思い)を梶の葉に書き記したと。
梶の葉は神前の供物を供えるための器としても用いられ 源平合戦時の神の御宣託により、諏訪神社の神紋として定着していたそうです。

 

 

 5  6  7  8  9  10  11