教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

 

 亥の子餅  美里庵製


亥の日の亥の刻(午後10時頃)に食し、 無病息災のまじないとした中国の俗信に基づいて、平安時代に宮廷の禁裏にて行われたのが始まりと云われております。
ことしは11月10日になります。
紫式部の『源氏物語』では、光源氏と紫の上の巻にて、亥の子餅が登場する場面があります。
鎌倉時代に入り、武家にも同じような儀式が広まり、猪(いのしし)は多産であることから子孫繁栄を願う意味も含まれ、亥の子餅を食したと云えられております。
江戸時代には、亥の月の最初の亥の日を玄猪の日と定め、玄猪の祝いともいわれていました。
このため、亥の子餅(いのこもち)を玄猪餅(げんちょもち)とも言います。
また、亥は陰陽五行説では水性に当たり、火災を逃れるという信仰があります。 このため江戸時代の庶民の間では、亥の月の亥の日を選び、囲炉裏(いろり)や炬燵(こたつ)を開いて、火鉢を出し始めた風習ができあがりました。茶の湯の世界でも、この日を炉開きの日としており、茶席菓子 として「亥の子餅」を頂きます✨




火災の厄除け子、子孫繁栄を願って(*^_^*)

この日記へのコメント

お名前
※お名前は必須です
URL
コメント
※コメントは必須です